【男の離婚相談】妻のヴァギナが大きくなってました。

結婚して11年になります。勤務先の会社で役職を与えられた頃から妻は月に一回「合宿」と称し、月末に家を開けるようになりました。私は民間勤めをしたことがないので分からなかったのですが、大手生保を定年退職した父親にそれとなく聞いたところ、合宿なんて新入社員の時だけだったと言います。しかし妻はいわゆる淡白な女性で、男性の影があるとは思えません。そんな折、家に帰ると妻がソファに座っていて「電気も点けないで、どうしたの?」と聞くと、思い詰めたような面持ちで「これ以上やって行く自信がないから離婚して欲しい。」と言いました。私は狼狽しましたが、あくまで平常心を保ち何事もなかったように振る舞いました。そういえば、いつだったか妻から突然「セックスしませんか?」と誘われたことがありました。3年ぶりでしたが、妻のヴァギナは別人のクイムでした。とはいえ妻ももうすぐ40ですし、その時は加齢によるものだろうと納得したのです。妻は高校時代に生徒会長も務めた真面目な女性です。不貞なんて考えられません。でも、何とか平常心を保とうとする私に「真剣に考えて。」と妻は毎晩のように離婚届に判を押させようとします。私はこのまま離婚届に判を押さなければならないのでしょうか?

相談者:42歳・公務員
妻:39歳・会社員
結婚歴:11年、子供なし


RT_face

一つお前に聞きたいことがある。それはお前が包茎包茎じゃないかということだ。包茎じゃなかったら素直に離婚届に判を押せ。反対にもしお前が包茎だったら今すぐに包茎手術をしろ。オレも正直に告白するが、包茎だった。確かに包茎でもセックスに支障はない。むしろ包茎の時の方がバンバン女とやっていた。じゃあどうして手術したのかって?それはオレがもうダメだと思ったからだ。諦める前にやるべきことをやってやる。その決意を身体に刻みつけたかった。手術自体は1時間もあれば終わる。問題は手術した後だ。毎朝象に踏みつけられたんじゃないかと思うような激痛が股間に走る。息を吹きかけて何とか収めようとするんだが益々勃っちゃってもうどうしようもない。結果から言ってオレは諦めず、お前らにこうやって講釈を垂れている。それもこれもあの地獄に耐えたからだと思っている。冗談に聞こえるかもしれないが、オレは思いの外真剣だ。また話を聞かせてくれ、友よ。たまには酒でも飲みに行こう。いい酒が飲めたら、自慢の古傷を拝ませてやるよ。


大切なことはまず現実をしっかり把握することです。その上で奥様が不貞をしていたのであれば、一刻も早くそれを除去することです。不貞相手は不法行為者であり、貴方はその不貞相手に正当な請求権を有しています(民法709条)。結婚生活を続けるためには決して綺麗事だけでは済まされないことがあります。貴方は法律に守られているのですから正々堂々と闘いましょう。そうはいっても、決闘を挑むのはお勧め致しません。貴方の代わりに闘ってくれる弁護士を見つけることが賢明です。

最高裁への上告について

法曹界のロベスピエールこと同事務所代表弁護士であるレンジャー五領田が、現行民法の定める単独親権制が憲法14条の後段列挙事由の「性別」による差別に該当するとして上告中です。逃げんなよ、最高裁!日本中の父親の皆様、乞うご期待です。

【父親たちのコラム①】〜躾と虐待の狭間で

市川雅嗣、丸の内にある外資系信託銀行の副頭取。「いまはもう49歳になるが、あれは私がまだ17歳の時だった。あの時のことを思うと今でも胸が締め付けられるようになる。」と彼は話し始めた。

「私は神奈川の県央地区の進学校でサッカー部に入っていた。サッカーの経験は少年サッカーだけだったが、私はやれると思っていた。監督はカレッジリーグの経験があり、県選抜のコーチを兼任していた。」

「ある日監督は私にこう言った。お前はまるで自動販売機のようだ、と。確かにそう言ったんだ。私はどうしてですか、と聞いた。監督はその理由を答える代わりに、新入部員と一緒にグラウンドの端でリフティングをするように命じた。その日以降、フォーメーションの練習に入ろうとすると静かな口調でこう言われた。ここで何やってんだ、と。ウィスキーを貰えるかな。出来れば、ダブルで。」

「それでも表面上は努めて冷静に振る舞っていた。自分の味わっている屈辱を人に知られたくなかった。もちろん本当は凄く傷ついていたんだ。その日以来、後輩には自分から挨拶をするようになった。相手によっては敬語で話していたかも知れない。サッカー部ではサッカーが上手な奴が偉い。メジャースポーツは本当に残酷だよ。」

「インターハイ予選はベスト16まで進んだ。1日1日が本当にキツかった。早く負けろって心の底から祈ってた。引退試合は格下だったが、後半の途中でユースにいた選手が助っ人で投入されてアッと言う間に逆転された。監督は抗議してたけど、通らなかった。私はホッとして涙が溢れてきて止まらなかった。やっとこの屈辱の日々が終わる。そしたら、三番手のキーパーにこう言われたんだ。オイ、なんでお前が泣いてんだよって。」

「誰だってこんな風に傷つけられるのは二度とご免だと肝に銘ずると思う。私もたしか暫くは今度はもっと上手くやって見せる、と自分に向かって言い続けた。もちろん今度なんてない。だから、生まれてくる子供には二度とこんな思いをさせたくないって心に決めた。」

「子供にはレスリングをさせました。メジャースポーツはもちろん、チームスポーツにも懲り懲りしていたから。練習がある日は仕事を犠牲にしても見に行った。だけど息子には全くと言っていいほど闘争心というものがなかった。自分より強い相手には勿論、自分より弱い相手にも手加減して、あの日は女の子にもチンチンにされてフォールされた挙句に股間を押し付けられて嬉しそうにフガーっと喚いていたんです。」

「それを見た私に誰かがこう囁いた。まるで自動販売機のようだなって。気付くと私は股間を押し付けられフガーっと喜んでいる息子の首根っこを掴んで体育館の外に連れ出し、競技場の隅の草むらに投げ飛ばした。力任せに頬を殴り、息子の顔は腫れ上がって行きました。」

「妻は腫れ上がった息子の顔をここぞとばかりに写真に撮り、翌日裁判所に対して保護命令を申し立てました。私のしたことは躾を超えていたんでしょう。ただ、それは妻の弁護士がいうような虐待だったのでしょうか。もう長い間息子に会っていません。」

「だけど私はどうしても教えたかったんだ。あの日以来思い続けていたことを。ほんの少しでもいいから他の人間より優秀であることを他の誰でもない、自分自身に理解させるように務めなければならないということを。そのことを教えられるのは、間違いなく私しかいない。そう、父親である私しか。」

滝行〜18’謹賀新年

今年も私たちは南足柄で滝行を行いました。滝行自体は「無」であり、その後に浴びる太陽の光にこそに意味があると考えられています。極寒の無間地獄で咆哮、その迸りを是非とも映像でご堪能下さい。新年の挨拶に代えさせて頂きます。

男の尊厳を破壊する「逆DV・モラハラ妻」特集コンテンツを公開

DV(ドメスティックバイオレンス)と聞けば、従来は一般的に腕力で勝る男性(夫)から、女性(妻)に対して行われるものだと考えらてきました。しかし、近年では女性(妻)から男性(夫)に対する暴力が増加しており「逆DV」として問題が浮き彫りになってきました。警視庁の調査によると…【 続きは男の尊厳を破壊する「逆DV・モラハラ妻」特集コンテンツをご覧ください。

逆DV・モラハラ妻 特集ムービー

逆DV・モラハラ妻 特集ページ

男の尊厳を破壊する「逆DV・モラハラ妻」

滝行〜16’冬

大晦日に限りなく近い年の暮れに、レンジャー離婚チームは神奈川県南足柄某所にある「夕日の滝」にて滝行を行いました。滝行は山を神と奉る修験道の伝統を受け継ぐ、古来からある修行法です。幸い天気には恵まれたものの、その寒さは想像を絶するもので、単なる手をあわせるだけのパワースポットでないことは滝に入るまでは分かりませんが、入った瞬間にその全てを知らされることとなります。とにかく寒い上に、滝の圧力で息が出来ず、大声を出してやっと呼吸が出来るという状態が90秒間続きます。あまりの過酷さに言葉を喪ったレンジャー離婚チームですが、小屋に帰るとさっきまでどこにあるかわからなかった太陽がすぐそばにあるような不思議な感覚が彼らを包みました。滝行自体は無であり、太陽の光にこそ意味があると和尚さんが語ってくれたことがとても印象的でした。

滝行の後は箱根の温泉旅館でもうひと修行。ジャンケンで負けた人は腕立て伏せを10回するという「腕立てジャンケン」により、更なる新年への想いに追い打ちを掛けました。これは膝や頭を付けても上がらなくなるまで続くもので、最後の一人になるまで終わることがない「死」を連想させるようなプッシュアップタイムが繰り広げられることとなりました。一年の終わりを否応なく自分自身と向き合うことにより、エキサイティングに締めくくることができたと思います。

今年も宜しくお願い致します。依頼者の次なる幸福に向け、チーム一丸となって邁進する所存でございます。

超党派議員立法による「親子断絶防止法案」

ひとつの恐怖の時代を生きたフランスの哲学者の回想によれば、人間みなが遅すぎる救助を待ち焦がれている恐怖の時代には、誰かひとりの遥かな救いを求めて叫び声をあげる時、それを聞く者は皆その叫び声が自分自身の声でなかったかと、わが耳を疑うのだそうです。

家裁という戦場で何度わが耳を疑ったかわかりません。しかし、その遅すぎる救助がとうとう訪れようとしています。「子供は母親の物」だという宿痾を持った調停員が纏めて博物館行きになる時代がやって来ようとしています。

法案提出の背景には、面会交流の重要性に対する認識が、年々広がって来ていることがあります。具体的には、父母双方から愛着を得られることこそ、こどもの心理に安定感を与えて、愛情豊かなこども、そして大人に育つという考え方が欧米ではなくここ日本で日増しに定着して来ていることが挙げられます。この法案はいわゆる理念法で強制力というものはありませんが、社会の共通認識である法として明文化されるという意味でとてつもない意義をもつものです。

ところで、皆さんはこの世の中がよくなっていると思いますか?親子を平然と断絶する現状の家庭裁判所のやり方が、精神的児童虐待の幇助だったと振り返るときがきっと到来すると思います。その時「あぁ世の中はよくなったんだ。」と呟くとともに、誰かの叫び声が自分自身の声ではなかったかと耳を疑う事も無くなるのではないかと考えています。

レンジャー離婚弁護士田畑麗奈が姉agehaに紹介されました!

日本最強とも言われる埼玉のフェミニズム委員会に所属する傍らで、レンジャー離婚弁護士軍の紅一点として輝きを放つ当事務所の弁護士田畑麗奈が、某姉系雑誌に「頼れる弁護士」として紹介されました。

彼女は男の敵なのか、はたまた救世主なのか⁉︎女スパイなのか、はたまた二重スパイなのか⁉︎今後の更なる活躍をご期待下さい。