決して一人で抱え込まないで...まずは、男の離婚電話相談まで
0120-015-482

レンジャー離婚チーム弁護士紹介

a231ec086cdd3c79799252ba771c7eb9_l「男の離婚」では五領田有信を代表弁護士として、レンジャー離婚チームが責任を持ってご依頼者の対応にあたっています。案件によっては、夫婦円満調整を得意とする弁護士が適任な場合や、力強く積極的な主張を行っていかなければならない場合もあります。夫婦関係は様々な問題が複雑に絡み合っているため、離婚問題にひとつとして同じものはありません。ケースバイケースで適任な弁護士が対応することで、解決に向けて着実に歩みを進めることが可能となります。対応力に絶対の自信を持つ、個性豊かなレンジャー離婚チームにお任せください。

代表弁護士 五領田 有信(ごりょうだ ありのぶ)

私は、「離婚」は、一面では悲しく、つらい経験ではありますが、他方では、人生をやり直し、より良い人生、明るい人生に向かうきっかけとなる絶好のチャンスであると考えています。もし今あなたが、「離婚」で悩んでいるならば、離婚するにせよ復縁するにせよ、人生をやり直して明るく生きるための第一歩を踏み出してみませんか?当事務所はそんなあなたを温かくお迎えし、応援します。どうか一人で抱え込まないでください。何時でも構いません、まずはご連絡ください。そして、私に今のあなたのお話を聞かせてください。あなたがその一歩を踏み出せば必ず未来は開けると私は確信しています。

略歴

  • 昭和50年2月18日 神奈川県出身
  • 神奈川県立厚木高等学校 卒業
  • 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
  • 武山駐屯地にて陸上自衛隊に入隊(体力検定1級徽章獲得)
  • 朝霞駐屯地第31普通科連隊重迫撃砲中隊(連隊長賞)
  • 第1師団レンジャー部隊にてレンジャー徽章を獲得
  • 練馬駐屯地第1普通科連隊第4中隊
  • 習志野駐屯地第1空挺団普通科群第4中隊(初級降下教育課程にて体力優秀賞)
  • 改編後の第3普通科大隊第9中隊にてジャンプマスター取得
  • 司法試験予備試験合格

得意分野

男性の離婚・親子間調整・裁判外の示談交渉

趣味

ボディビル

家族

精神病院に勤務する看護師の妻、子供3人(息子2人・娘1人)

特設サイト

自衛隊法律相談ページ(※自衛隊関係者のみなさま向けの特設サイトです。)

反撃の清算条項 弁護士 秋月 政寛(あきづき まさひろ)

高校のときにテレビで見たプロレスに感動し、プロレスラーを志しました。大学では、体育会アメリカンフットボール部に入部し、DEとして活躍。大学院では、プロレスサークル(一橋大学世界プロレスリング同盟)に入り、学生プロレスラー「小原右よし左よし」として活動していました。平成26年、大学院卒業とともに学生プロレスを引退し、その年に司法試験に合格しましたが、プロレス愛はやまず、現在も、アマチュアプロレスラーとしてプロのリングに上がっています。

プロレスと弁護士に共通して私の力になっているもの…それは「不撓不屈の精神」です。離婚問題もプロレスも、相手のいることです。一方的にスムーズに進められることは無いに等しく、問題解決には精神力と忍耐力が欠かせません。離婚問題を解決するには、当事者はもちろんのこと、弁護士も相当な体力を使います。しかし、私は体力には絶対の自信があります。決して不条理な主張に屈することはありません。お任せください、私が徹底的にあなたをサポートいたします。例え強きものにも臆することなく、しっかりと主張していきましょう。弁護士 秋月 政寛は、あなたとタッグを組み共に正々堂々と闘うことを誓います。

略歴

  • 昭和63年6月6日 東京都出身
  • 明治大学付属明治高等学校 卒業
  • 千葉大学法経学部法学科 卒業
  • 一橋大学法科大学院 修了
  • 司法試験合格
  • 最高裁判所司法研修所入所(司法修習第68期・東京)
  • 弁護士登録(埼玉弁護士会)
  • レンジャー五領田法律事務所入所

趣味・特技

プロレス・ジャーマンスープレックス

プリンセス・ザ・クリーン 弁護士 近藤 姫美(こんどう ひめみ)

小学生の頃の私は学校の教科書を読んで暇を潰すような一風変わった子供でした。大学生の頃の私はイベントコンパニオンに精を出す苦学生でもありました。厳しい環境に理不尽さを感じなかったといえば嘘になりますが、例え最高にはほど遠い環境の中でも自らの意思さえあれば最善を掴みとることができることを知りました。これは私が弁護士を志した最も大きな理由の一つでもあります。あなたが最善の環境を求めて人生の泥沼から這い上がろうとする時、私たちが無限軌道の如くあなたのお役に立てるのであればこれ以上の喜びはありません。

さて、離婚は大人の問題であるが故に、子供の声なき声が聞こてくることはありません。しかしながら離婚は当人だけでなく子供もまた傷を負うものです。罪なき子供達は最善の環境の中でその個性を形成していく権利があります。あなたの夢はもちろんのこと、お子さんへの想いや、お子さんの将来についてのお話もお聞かせください。円満解決も視野に、あなたやお子さんにとって最善の環境を形成してまいりましょう。

略歴

  • 埼玉県立越谷北高校 卒業
  • 明治大学法学部法律学科 卒業
  • 明治大学法科大学院 修了
  • 司法試験合格
  • 最高裁判所司法研修所 入所(司法修習第70期・東京)
  • レンジャー五領田法律事務所 入所

趣味

ボードゲーム