決して一人で抱え込まないで...まずは、男の離婚電話相談まで
0120-115-482

不貞行為

家庭裁判所における離婚申し立ての動機は、第1位の「性格の不一致」に続き、第2位が「不貞行為」になっています。「不貞行為」は民法770条の1項で5つ定められている、裁判離婚が認められうる事項の1号に規定されています。多くの離婚問題の原因となっています。

不倫は離婚の原因になります

不貞行為とは「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」とされています。性的関係について、裁判所が離婚事由として認めるケースは、基本的には実際に性交関係がある場合です。一回限りの不貞行為であっても離婚事由と認定されるケースもあります。ここで問題になるのが性交関係の有無がどのように立証されるかということです。不倫相手とのメールの内容、不倫相手との性交関係があると判断されうる写真などを証拠とし、裁判所がこれらを証拠として不貞行為があったと認めることになります。

不倫の証拠はありますか

f625472c716c15150de096fec55db90c_sあなたがもし妻の不貞行為を見つけてしまったら、その場で「問い詰める」ことはしないほうが賢明です。一度冷静になって対処することが必要なのです。なぜなら、特に離婚を求める場合には妻の不貞行為の証拠が必要になってくる可能性があり、証拠がない段階で「問い詰める」ことで妻に手の内を明かすことになるからです。まずは、冷静に証拠集めをしていただきたいのです。

まずは、あなたができることから始めていきましょう。浮気の証拠となりうるメールなどを発見した場合は、あなたの携帯で日時と内容がわかるように証拠のメールを撮っておいてください。

不倫の立証としての証拠写真は例えば、不倫(不倫が行われた証拠となりうる)現場の写真を、人物が特定できる写真として撮らなければなりません。探偵事務所に依頼することも一つの手段かもしれません。ただし、法的に効力のない写真では意味がありません。妻の不倫にお悩みのあなたはまず私たちにお話を聞かせてください。弁護士は裁判で不倫の立証をするプロフェッショナルでもあるからです。

請求額と獲得金額の相場

妻の不貞行為があった場合、あなたはどのように対処しますか。不倫相手に慰謝料請求をした上で、妻と離婚することを考えるでしょうか。いずれにしても不倫をされた側が負った心の傷に対して慰謝料を請求することができます。不貞の慰謝料の金額には相場があるため、あなたが主張した額が認められるとは限りません。ただし、あなたの気持ちを清算するためのものです。金額の判断は、あなたがその後どのようなプロセスで問題を解決していくかを踏まえ、戦略を持った上で決定するのが良いでしょう。あなたの納得のいく解決を目指しましょう。決して手加減する必要はありません。

あなたが不倫をされた場合

unchaste-02不倫をされたことで男のプライドは傷つき、妻を許せなくなるのは男として当然の感情です。だからこそ、一度大きく深呼吸をしていただきたいのです。私たちは、あなたの傷口がこれ以上広がることを望んでいません。私たちは弁護士として、不倫行為に法的に対処することで、その問題は解決に向かうと信じています。特に不倫問題は、裁判を見越した上で戦略を組み立てていく必要があります。

まず、3つのプロセスで進めていきましょう

1つめにあなたがどのような解決を望むか、その方向性を固めていくことです。

2つめに、不倫の事実がどのように明確になっているか、証拠の有無、妻の不倫相手は誰なのか、その関係は現在も続いているのかなど、現状を把握していきましょう。これは地道で、事実と向き合わなければならないできれば避けて通りたい辛い作業かもしれません。そんな中でも、事実と向き合うことが、あなたや子供のよりよい未来に向けたプロセスであるということを忘れないでください。

事実が把握できた3つめの段階では、あなたがどのように傷つき、精神的にどれほどの損失を被っているかの現状把握ができているはずです。ここであなたが、妻、さらに不倫相手に対してどのようにして責任を追及するか検討し、戦略のもとで闘っていきましょう。私たちはいつもあなたの味方です。あなたが有利に解決に向かえるよう私たちはあなたの代理人となって、あなたの味方として闘い、あなたの心の傷を癒すに足りる勝利を勝ち取るために全力を尽くします。決して一人で抱え込まないでください。

 あなたが不倫をした場合

あなたが不倫をして、そのことが原因で妻から離婚や不倫相手に慰謝料を求められているのであれば、それは妻側の正当な権利であり、残念ながら有責配偶者であるあなたが法的責任を逃れることは困難です。ただし、不倫が事実であればの話です。もちろん、あなたが、いわれのない不倫の疑惑をかけられている、裁判では不貞とは到底認められないケースを不貞として、離婚を求められているのであればそれは法的責任とは関係のない話です。夫婦での問題解決が成り立たない場合は、第三者が間に入ることで解決に向けて前進できる可能性があります。弁護士にご相談いただくことで夫婦関係の修復や円満解決に向かうケースも多いものです。

さて、その上で、あなたが実際に不倫をしてしまった場合ですが、不倫をしたからといって、妻の(時に常識外れの)要求に全て応えなければならないという理由にはなりません。仮に裁判に発展した場合でも、親権、養育費、財産分与などについて、あなたにも主張する権利があります。たった一度の浮気が原因で、愛する子供に二度と会えなくなるとは限りません。もちろん法外な慰謝料を支払ったり、夫婦の財産を全て渡さなければならないということにもなりません。法的責任というのはあなたが行った不倫の事実にどの程度の法的責任があり、精神的損失を受けた妻が、どのような条件で納得してれるかというあなたと妻との交渉の問題なのです。

あなたには権利があります

unchaste-03不倫をしたあなたが、妻との直接交渉でお悩みであれば、あなたは既に不利な状況に立たされており、あなたの言い分を主張できるような状況にすらないかもしれません。その時にあなたの代理人として法的な権利を主張するのが弁護士なのです。

妻が要求する慰謝料は妥当でしょうか。また、あなたのケースでは、財産分与や子供との関わり方についてどのような権利を主張できるでしょうか。弁護士はあなたが主張できる条件を、過去の判例や、法的に妥当とされる金額、実務経験に基づいて見出すことができます。ですからなるべく早く私たちにご相談ください。あなたが妻の全ての要求を受け入れる必要がなくなれば、あなたの心が今より軽くなることは間違いないでしょう。

不倫を原因とする離婚問題が浮上したという事実は、あなたのこれからの生活を変えてしまうことは避けられないでしょう。その事実に縛られるより、あなたが有責配偶者としての責任を取り、子供との関わり方を含め新しい人生を切り拓いていくことの方が重要です。子供にとってはあなたはたった一人の父親なのですから。私たちはあなたの再出発のお手伝いができるのであれば、決して労を惜しみません。あなたが抱える問題に正面から立ち向かってください。男として、また子を持つ父として、私、五領田有信の願いであり、それだけでも、このサイトを立ち上げた意味があると考えています。