決して一人で抱え込まないで...まずは、男の離婚電話相談まで
0120-115-482

弁護士ができること

お一人で悩んでいらっしゃる場合、一度、お話を聞かせてください。実は、難しそうな問題に見えてとても簡単な解決策があったり、逆に自らで解決すると意気込んでいる方の問題が、もはや一人で解決出来るほど簡単なレベルにないケースも多々あるものです。今のあなたにとっては、たった一人でも心強い味方が必要です。私たちは法律の専門家として、また共に闘うあなたの味方としてお役に立ちたいと考えています。すべてはあなたの未来のために、まずはお話を聞かせてください。

弁護士にしかできないこと

11fb3cdb41c9011cd9aff5ccb931f526_l弁護士は、協議離婚の相手方との交渉、離婚協議書の作成、離婚調停の申立や代理出席、離婚訴訟に至るまで離婚問題に関わるあらゆる権限を有しています

例えば、行政書士には離婚協議書を代筆する権限はありますが、交渉、調停、訴訟に関与することは法令で禁止されています。そのため、話し合いで離婚が解決できない場合には、ご相談者は改めて弁護士への依頼を検討することになります。

つまり、弁護士は離婚に関する一連の流れのなかから最善策を考えることが可能なのです。私たちは止むを得ないケースを除き、決して訴訟を望みません。訴訟という「争い」が互いに傷跡を残すことを知っているからです。その点も踏まえあなたに最善な解決策に向かって進めていきましょう。交渉術にはノウハウと自信があります。実際には、訴訟を覚悟してご相談に来られる方も、協議離婚で解決するケースが多々あります。

離婚問題を解決する法律的な権限をすべて持つ弁護士の立場で、慰謝料や親権、養育費、財産分与などの点であなたの利益を考え主張していきましょう。私たちは男性側の離婚弁護士というかたちであなたを全面的にバックアップし、あなたに「未来を切り拓く力」をお持ちいただけるよう全力を尽くします。

離婚後の問題を未然に防ぐ

当事者同士の話し合いだけで協議離婚を成立させた場合でも、後になって紛争が蒸し返されることが多々あります。たとえば、財産分与や養育費の決め事が書面に残っていない、書面を作成したが法的な拘束力がない、決められた慰謝料や養育費が支払われないなどのトラブルが見られます。

弁護士は、法律的な面から紛争予防策を講じることができます。離婚後の生活設計を踏まえ、ご相談者が決して不利益とならない条件で協議を行い、決め事は法律的に有効な書面に残すことで、離婚後の問題の蒸し返しを未然に防ぐことができます。

離婚問題の適切な解決

すでに裁判に発展している、発展する見込みにある場合は、是非、いますぐ弁護士を味方につけてください。中立な立場の裁判所があなたの利益になる方法を教えてくれることはありません。離婚は法律問題です。裁判官から弁護士に依頼するよう促されるとは思いますが、法的な知識や経験が不足した状態で裁判で争うことは、素手で戦地に赴くようなものです。あなたが不利益を被る可能性も高いため、決しておすすめできません。弁護士は法律のプロフェッショナルとして、素手で挑もうとするあなたに武器を捧げます。

裁判においては、あなたの責任で主張すべきことを主張していかなければなりません。弁護士は、あなたの代理人となり法的にあなたの主張を行い、共に闘う味方となります。私たちにお任せください。決して法律を知らないことで得られるべき利益を失わないでください。私たちは弁護士としてあなたと共に全力で闘います。失われた男の尊厳を取り戻し、あなたの未来を掴みにいきましょう!