決して一人で抱え込まないで...まずは、男の離婚電話相談まで
0120-015-482

解決事例

Case1:妻の不貞が発覚!慰謝料を請求

  • 年齢
    32歳
  • 子供
  • 原因
    妻の不貞
  • 活動
    不貞相手に対する慰謝料を請求。
  • 結果
    慰謝料200万円が、一括払いで支払われ協議離婚が成立。
  • 解決のポイント
    妻が離婚を望んでいたため、慰謝料も滞りなく支払われた。

Case2:妻からの高額な請求を調停で減額

  • 年齢
    39歳(結婚12年目)
  • 子供
    長男(10歳)、次男(6歳)
  • 原因
    夫の不貞
  • 活動
    高額な慰謝料・養育費の減額交渉、子供との面会交流。
  • 結果
    標準的な生活費の支払いと、子供との定期的な連絡が認められる。
  • 解決のポイント
    当事者同士では感情的になるため、調停を申し立て納得できる内容で調停を成立させる。

Case3:妻の不貞!浮気相手に慰謝料請求

  • 年齢
    33歳(結婚8年目)
  • 子供
    長女(7歳)、長男(3歳)
  • 原因
    妻の不貞
  • 活動
    不貞相手への慰謝料請求事件として訴訟。
  • 結果
    不貞相手が、夫に対して解決金を支払うことで和解。
  • 解決のポイント
    不貞行為を認めるが慰謝料の支払いを拒否する浮気相手に対して訴訟を起こした。

Case4:家事をしない妻。法的アドバイスで円満離婚

  • 年齢
    49歳(結婚25年目)
  • 子供
    長男(18歳)
  • 原因
    子供が成長したことで、妻が家事を放棄(悪意の遺棄)し、別居。
  • 活動
    円満な離婚のための法的アドバイス。
  • 結果
    養育費の負担・財産分与で協議離婚が成立。
  • 解決のポイント
    法的根拠に基づく財産分与によってトラブルなく協議離婚が成立。

Case5:法外な高額請求。粘り強い交渉で譲歩を引き出す

  • 年齢
    59歳(結婚33年目)
  • 子供
    長男(25歳)、次男(22歳)、長女(20歳)
  • 原因
    お互いに離婚を望んでいた(婚姻を継続し難い重大な事由)
  • 活動
    子供の成人までは父親の責任として離婚に応じなかったが、成人後に協議離婚。妻側の高額な財産分与の請求に対する交渉。
  • 結果
    妻側の法外な請求額に対して、財産分与に必要な資産や預貯金、給与明細を開示し適正な財産分与を実現。
  • 解決のポイント
    ヒステリックな妻の主張に対して粘り強く交渉を続け、納得できる妥協点を探る。