【男の離婚相談】失踪した妻が突然現れた

私の妻は1年半前「美容院に行ってくる。」と告げたまま突然居なくなりました。ほうぼう手を尽くたものの、結局行方はわからず仕舞い。幼い娘(当時3歳)とともに残された僕たちは当初は戸惑いながらも、実家の母親が近くに住んでいたこともあり何とか暮らしていました。そんなある日のこと、家に帰ると妻が食卓に座っているのです。幽霊が出たと思いましたが、実物の妻でした。妻はむしろ若返っていて言葉遣いも変わっており、一目で新しい男の元にいたのだと分かりました。私は妻を愛していたので、妻の言う通り離婚届に判を押し、美しくなった妻を玄関から見送りました。その一週間後のことです。法律事務所から内容証明が届きました。封を開けると妻の代理人だという弁護士が僕に財産分与請求をするというのです。僕の貯蓄は大したことはありませんが、リーマンショック前にたまたま都内の高級住宅地に家を建てており、その自宅の評価額の半額を請求するというのです。それは少なく見積もっても1億は超えており、そんなお金は今の僕にはありません。このまま僕は破産してしまうのでしょうか。幼い娘が路頭に迷うと思うと夜も眠れません。

相談者:男性、トレーダー(29歳)
妻:主婦(32歳)
結婚歴:7年、長女一人(5歳)


1_1_gold_2

アメリカでは台風が起こると必ず女性の名前が付けられる。アメリカの台風は特にオクラホマ辺りになると日本のそれの比じゃない。家が跡形も無くなることだってある。そのさまは離婚して女房が居なくなった男の姿に似ている。だから台風には女の名前が付けられるワケで、飛んだブラックジョークだ。

男が一人の女を愛する。そして、愛したら、相手にオーガズムを感じさせないと意味がない。ただ口先だけで愛していると言ってもそれは単なるセンチメンタルで、そうでなければホストと変わりがない。最後にとっておきの絶頂を感じさせてやるべきだ。それが一人の女を愛した男の辿るべき道であり、それをやって漸く一人の女を愛したと言う称号が得られる。女を愛するとはそういうことだ。決してハンパな気持ちではできない。


icon_2

財産分与とは夫婦が婚姻中に築いた共有の財産を清算することで、これは離婚理由の帰責に関係なく行われるものです。離婚した後でも2年以内なら請求の権利があり(民法768条)、婚姻生活に必要な家財道具を含め、名義にかかわりなく、土地・建物などの不動産、車・預貯金・株などの有価証券もその対象に含まれます。これらの財産を清算する場合は婚姻破綻時の時価を基準にして評価を決定します。もっとも、結婚前からの貯金や親から相続した財産、贈与された財産はそれぞれの特有財産になり、夫婦の共有財産にはなりません。

上記の手法により総額財産が決まったら、双方で分け合う割合を決めます。収入に関わらずそれぞれ半々の寄与があると評価されるという謂わゆる2分の1ルールが原則ですが、片方の特別な寄与を主張して寄与割合を協議あるいは家庭裁判所の調停・審判で決めることも可能です。

なお、財産分与請求権は非免責債権ではないので(破産法253条1項4号)破産して請求権を消滅させることは可能です。あなたは破産になることを心配していらっしゃいますが、破産になって困るのは請求者である元妻も同じです。このケースでは財産分与が原因で破産になることはまずあり得ません。したがって、夜はゆっくりお休み下さい。

【男の離婚相談】結局裁判になってしまいました。会社にバレないか毎日ビクビクしています

もう7年以上前のことです。仕事で使っている駅前のスナックに若い娘がバイトに来たんです。ママに年齢を聞くのも怖いほど若い娘でした。もちろん私は40手前でしたから、その娘と男女の関係になることはありませんでした。ただ、その小麦色に焼けた肌を見るだけで幸せだったんです。高校時代に何度も見た青春映画「君がいた夏」のジョディフォスターを彷彿させる子で今でも思い出すと胸が締め付けられそうになることがあります。そのひと夏は殆ど毎日通い詰めました。夏も終わりに近づいたある日、先立つものに窮して息子のために掛けていた学資保険を妻に黙って解約してしまったんです。このことが妻の逆鱗に触れ家を追い出されそうになりました。何とか丸く収めたもの毎月の小遣いは3万円に減らされ、缶コーヒーを買うのもままならない日々を6年以上も続けて来ました。私さえ我慢してればそのような日常が永遠に続くと思われた1年前、息子が成人したタイミングで妻が離婚調停を起こし、慰謝料を1,000万円も請求して来たのです。結局金銭面で折り合いがつかずに不調になり、来月一回目の裁判があります。離婚するのは全く構いません。でも、裁判になると誰でもその裁判を見に来ることができると聞きました。会社の人間が私の裁判を見に来ると思うとゾッとします。毎日ビクビクして暮らしてるんです。何とか会社にバレずに裁判を終わらせる方法はないでしょうか?

相談者:男性、会社員(45歳)
妻・主婦(46歳)
結婚歴:22年、長男一人(21歳)


2_1

お前は世間体を気にしている。もちろん40を過ぎれば守らなければならないものも増えるだろう。世間体を守り、誰にもバレずに何事もなくコトが済めばそれはそれでラッキーかもしれない。ただ、お前は30代を終える寸前でその小麦色に焼けた肌を保つ娘に恋をした。翔んだ青春芝居で会社の人間はお前を笑うか軽蔑するかのどちらかだろう。だが、それはお前が望んだことだ。そして、今でもお前はそのことを後悔していない。違うのか?

まぁいいじゃないか。たまにはを掻こうぜ。世間体を気にして何事もなく人生を終えることがラッキーだなんてつまらないにも程がある。先回りして会社の人間に言い触らすぐらいの器量があってもオレはいいと思う。胸を張って莫大な金を請求されてるって言ってみろよ。廻りの女子社員でそんなお前のことをイイっていう女が出てくるかも知れないぜ。


1_2

確かに7年前の貴方の行動は浪費と言えますから、それ自体には慰謝料が発生します。しかし、貴方の奥様はそれを不貞だと思っているのではないでしょうか。なぜなら、1千万円という慰謝料は高額過ぎるからです。確かに婚姻期間は長いですが、発生する慰謝料はせいぜい100万円がいいところです。それに、奥様は一旦は貴方を許しています。一旦宥恕した後の慰謝料請求は権利の濫用(民法1条3項)として認められないという裁判例もあります。裁判で闘う価値は十分あるということです。

調停の時から弁護士をつけていたなら、裁判の着手金も半額程度にして貰えるでしょう。裁判の期間は短くても半年は掛かるのでその期間は我慢が必要ですが、裁判に貴方の会社の人が来ることはおよそ有り得ない話です。安心して下さい。

【男の離婚相談】確かに僕は彼女を殴った。だけど、浮気をしたのは彼女の方なんだ

妻は僕の自慢の存在でした。私の父親が産まれて初めて僕を褒めてくれたのは妻と結婚の挨拶に行ったときです。美人だし、頭がいい。才色兼備を絵に描いたような女性で、しかも女医なんです。僕は結婚してすぐに親友のKを家に呼びました。僕は学生時代、Kに何一つ勝てなかったけど、Kが「お前の奥さん医者なんだって?それにしても凄い美人だな。」と言ったとき、心の中で「やっとだ。やっとこいつに勝てた。」と思いました。だけど、悪夢は突然のタイミングでやってきました。僕が熱を出して会社を休んだ日にたまたま妻が携帯を家に忘れて行ったんです。そしたら電話が掛かってきて、発信者名はKでした。僕はKが自分と間違えたんだろうと思って何の疑いもなくスワイプをしました。そしたら電話の向こうでKが「今日、いつもの場所でいい?」と言って来たんです。深夜になって帰宅した妻は「オペが大変だったわ。」と言って床に就こうとしました。僕は頭が真っ白になって、妻の頭を蹴ってしまったんです。次の日、彼女の父親が家に来て「今後一生娘に連絡をしないでくれ。」と言われ妻とはそれっきりです。会社の顧問弁護士に相談したら「警察沙汰にならなくて良かったですよ。でも、慰謝料は請求されるでしょうね。」って言うんです。慰謝料を貰うのは僕の方だと思います。悪いのは、僕じゃない。浮気をした妻と僕を裏切ったKなんです。

相談者:男性、28歳、会社員
妻:27歳、医者
結婚歴:2年、子供なし


2_1

良かったじゃないか。オレもそう思う。友人と寝るような女にロクな女はいない。子供が出来る前に破綻を迎えたお前は本当にラッキーだったと思う。それともう一ついいことを教えてやる。悪いのはお前だ。お前は油断したんだよ。父親に初めて褒められた。親友に初めて勝てた。それで満足してブタのようになってしまった。だから親友に寝首を掻かれたんだ。人生は戦場だ。決して油断してはならない。頼むぜ、友よ。それだけは覚えておいてくれ。


1_2

一言に慰謝料と言ってもあなたが請求する慰謝料と請求される慰謝料はその法的な性質が異なります。前者は不貞行為により平和な家庭生活が乱されたことによる慰謝料、後者は蹴られて損害を負ったことに対する慰謝料です。一般に、暴行による慰謝料は怪我の程度にもよりますが皆様が思うより高くなく、不貞行為は女性に求められる慰謝料は少ないとは言えこのケースでは200万円は請求できると思います。そのため双方が請求をすれば、結局のところ相殺(損害の差し引き)により少なくとも150万円はあなたが請求できることになります。

他方で友人K氏に対する請求は仮に請求をすれば300万円は下りません。もっとも、奥様とともに共同不法行為(民法719条)に基づく言わば連帯債務となっているため、決して双方から併せて450万円を請求できることにはならないことには注意が必要です。

しかしながら、示談交渉においては契約自由の大原則により相手が払うと言えばそれで済んでしまうという側面があります。相手が払えばそれで済むのですが、あっさりと支払われてしまうのもそれはそれで傷つくものです。とはいえ、せめて慰謝料だけはというのが傷つけられた人々の最低限の思いです。あなたの思いに寄り添ってくれる弁護士を探すのが次の幸せに進める第一歩ではないでしょうか?