【ライフスタイル】男たちの映画に見るワークアウト②『プッシュアップ』

映画「愛と青春の旅立ち」1982年〜CICパラマウント映画

映画「愛と青春の旅立ち」1982年〜CICパラマウント映画

映画はワシントン州シアトルの朝から始まる。全裸で寝ている父親と娼婦を横目に主人公のザック・メイヨ(リチャード・ギア)は幼少期のトラウマを再燃させていた。メイヨの母は幼少期に自害し、メイヨは父親の赴任先だったフィリピンで陰鬱な幼少期を送る。ジメジメと暗く腐った憂鬱な青春から訣別するため、メイヨは海軍の航空士官学校に挑戦することを決めた。そんなメイヨに父は「お前は士官には向かない。」と言う。呑んだくれの父は定年間際の曹長、つまり下士官だ。

入隊後彼を含め34人を待ち受けていたのは、海兵隊のドリルマスター・フォーリー(ルイス・ゴセット・ジュニア)の徹底的な罵倒と扱きだった。フォーリーは冷笑を浮かべながらソツなく訓練を熟すメイヨをマヨネーズに捩った「メイヨネーズ」と名付け特別に扱く。その理由は、高い能力を持ちながらも利己的で仲間と溶け合おうとしないメイヨに士官としての大切な品性が欠けていると判断したからだった。戦場で指揮をとるのは士官であり、隊員はその指揮官である士官に命を預けることになる。自分のことばかり考えている人間に隊員は命を預けない。階級だけの人間に士官は務まらないのだ。複眼的に見れば、フォーリーは呑んだくれで母親を自害に追い込んだ実の父が果たせなかった「父性」をその罵倒と扱きを通じてメイヨに注ぎ込んでいる。改めてこの映画を見返してみると、あらゆる有形力がまるで錬金術のように虐待とされてしまうチープなヒューマニズムの蔓延する今の世にあって「真の父性とは何か?」が問い掛けられているようも思えた。

物語はメイヨらが航空士官になる訓練の過程とメイヨとポーラ(デブラ・ウィンガー)の恋愛が並行して描かれている。基地周辺の町工場で働く女工にとって、将来パイロットになる士官候補生と結婚することが唯一と言っていい町から出る術だ。メイヨと男女の関係になったポーラはこう言う。「私、よかった?」と。その台詞には景気停滞期にあったアメリカの古き良き献身的な女性の終焉が漂う。日に日に衰えてゆく美貌と大空に飛び出そうとしている青年とのセックスの相性が閉塞した町から出て行くための唯一の生命線となる女たちの生き様が垣間見える。

ハリウッド史上に残ると言われるシーン、メイヨが訓練を終えポーラを工場に迎えに行くシーンは実はあまり好きではない。どうしてもこの二人は幸せにはならないのではないかと鼻白く感じてしまう。一つ分かって欲しいことは、俺がこの映画を単純で予定調和の恋愛映画としては見てはいないということだ。トラウマに苛まれる人間不信の青年が白昼堂々一人の女工をお姫様のように迎えに行く。この映画は厳しい父性を通して一人の青年が別の人間に生まれ変わるという青春譚である。

軍隊における訓練の本質は人間の矯正であり、人間を厳しく矯正することは誤解を恐れずに言えば、母ではなく父の役割である。卒業式閉会後、少尉は海軍の伝統に則って1ドル硬貨を誰か目下の軍人に手渡し、その者から最初の敬礼を受けることになる。今まで自分を扱いていた父としての下士官に対して「お前に感謝する。」と言って敬礼を先に下げる。須く敬礼をした者は敬礼をした相手より早く下げてはならない。下士官である父親も、いわばメイヨの育ての父であるフォーリーも少尉になったメイヨより先に敬礼をし、メイヨがそれを受けて下げるまで敬礼を下げることは出来ない。そんな夢のような物語を与えてくれる場所は逆説的に聞こえるかもしれないが軍隊、それも士官学校にしかない。

フォーリーに扱かれた極限状態でメイヨが「他に行く場所がない、行く場所がないんだ。」と叫んだシークエンスは一見して奇妙だが、軍隊に入る者はみな共通して「他に行く場所」がない。なぜなら、彼らはそこにしかないものを求め、その門を潜るからだ。すなわちメイヨにとって、陰鬱な青春と訣別する唯一の術が軍隊でパイロットになることだった。これが「他に行く場所がない」というメイヨの叫びに隠された本当の意味だと俺は思っている。それでは、お待ちかねのワークアウトを紹介することにしよう。

ワークアウト「プッシュアップ」

ワークアウト「プッシュアップ」

一人闇市のようなことをしていたのがフォーリーに見つかり、DORと呼ばれる任意除隊を迫られ拷問のような訓練を施されたメイヨだが、市井に生きる俺たちが極限状態まで「プッシュアップ」をするとなるとそれこそ軍隊に入るか、小一時間以上の時間が必要だ。そこでドロップセットと呼ばれるテクニックを使ってベンチプレスをした後、最終的に胸をプッシュアップでオールアウトさせるメニューを紹介する。所要時間は5分、ジェニファー・ウォーンズとジョー・コッカーの「Up Where We Belong」がどこからともなく流れて来て、オールアウトした後に「他に行く場所がない!」と叫びたくなったらワークアウトが成功した証だ。

<男の尊厳を取り戻すためのプッシュアップのワークアウト>

①マックス80%ベンチプレス…8回

②マックス60%ベンチプレス…10回

③マックス50%…10回

④マックス40%…16回

④プッシュアップ…限界レップ

⑤膝付けプッシュアップ…10回

⑥さらに額を地面に付け、プッシュアップの姿勢を取り続ける

P.S.セット間の休憩時間はない。

【ライフスタイル】男たちの映画に観るワークアウト①『アンダーチンニング』

映画「ザ・タウン」2011年〜ワーナーブラザーズ配給

映画「ザ・タウン」2011年〜ワーナーブラザーズ配給

ボストン北西部に位置する「タウン」と呼ばれる小さな街では銀行強盗が親から子へと受け継がれていた。ダグ(ベン・アフレック)はそんな裏稼業を親から受け継いだ者の一人で、血と骨を分け合った仲間とともに一切証拠を残さない完全犯罪を生業としている。

銀行強盗の技術のみでなく、親からの複雑に入り組んだ柵さえも受け継いだ今の境遇から、ダグは抜け出そうとしていた。

とある銀行強盗でダグたち一味は女性の支店長クレア(レベッカ・ホール)を人質にとる。うまくやり仰たつもりだが、一つだけミスを犯してしまう。仲間の一人ジェム(ジェレミー・レナー)がクレアに首の刺青を見られたのだ。トラックの中には身分証が落ちていて、口止め役としてダグがクレアに接近することになる。コインランドリーのシーン。おそらくクレアは人質になった時に着いたシャツの血糊を洗い流すためにわざわざコインランドリーに来ている。しかし、その血糊を改めて見たクレアはいきなり泣き出してしまう。そんなクレアにダグは声を掛ける。「オレもネイルサロンで泣く。彼女たちにつらい思いを聞いてもらうんだ。君はコインランドリーか。」と。もちろんジョークであり不自然とも受け取れるのだが、男の優しさはそうやって滲ませなければならないという手本を主演とともに監督も務めたB・アフレックは示している。二人は恋に落ち、ダグはクレアを通して自らの新しい人生を見る。ハリウッド史上に残る名シーンだ。

そんなダグの前に自らが育った「タウン」が立ちはだかる。ダグ以外の仲間は「タウン」から出ることを望んでいない。「タウン」でしか生きられない人間たちなのだ。特に、ジェムはダグが自分の元から離れていくことを決して許さなかった。一方でダグもジェムとの関係を簡単には断ち切ることが出来ないでいた。ジェムの妹(ブレイク・ライヴリー)の子供は恐らくダグの子で、またジェムはダグを殺しに行こうといていた男を殺害し、9年刑務所に食らい込んでいたという経緯がある。

さらに、ダグたちは親の代から元締めの花屋ファギー(ピート・ポスルスウェイト)に徹底的に管理されていた。ダグの母親はダグが6歳の時に忽然と姿を消している。ダグは1年前そうやって飼い犬が戻って来たことから街じゅうに張り紙を出したが、母親は結局帰って来なかった。刑務所にいる父親は、その真相を語ろうとしない。しかし、その真相をダグは花屋ファギー自身から聞かされることになる。父親が花屋から独立しようとしたため「去勢」と呼ばれる儀式で母親はコカイン漬けにされ街で首を吊って自殺をしたというのだ。花屋はその真相をダグに聞かせた後にこう言う。「お前も去勢されたいか?」と。

その後も銀行強盗は行われるが、次第に彼らの暗躍も綻びを見せ始める。ラストの強盗の舞台は大リーグスタジアム。そこで行われるガンアクションはアルパチーノの傑作「HEAT」を彷彿させる圧巻ものだ。ダグの仲間たちは「タウン」での生き様を総決算するように一人ずつ死んでいく。果たして、ダグは「タウン」との決別し、クレアと新しい人生を歩めるのか?その結末は各々がその目で確認してくれ。

本題に入ろう。今回この「タウン」という映画で紹介するワークアウトは「リバースチンニング」だ。冒頭でダグがジェムに酒を勧められるシーンがある。ダグがそれを断り、カウンターでジュースを注文した後に幼馴染とファックをして中途で終わり、女が去ったベッドで眠れずにいたところから突如そのシーンは始まる。男が今までの係累を断ち切ろうとする覚悟をアルコールとワークアウトのシンメトリーにアンチクライマックスに終わったファックを介在させることによって見事に暗喩した至極のシーンだ。ただ、地下を思わせる暗闇の中でのワークアウトは僅か10秒ほどで、こと「リバースチンニング」に関しては1レップのみで一瞬しか映されない。

ワークアウト「リバースチンニング」

ワークアウト「リバースチンニング」

ところで、俺はこの映画を見た次の日にもう一度この映画を見に劇場に足を運んだ。「リバースチニング」のシーンをもう一度見たかったからだ。具体的に確認したかったのは、B・アフレックがいわゆる懸垂を順手で行っていたか、逆手で行っていたかという点だ。どうして、B・アフレックが順手で行う「チンアップ」とも呼ばれるチンニングではなく、逆手で行う「リバースチンニング」をチョイスしたのかは後日、自分でやってみてすぐに分かった。順手より逆手でやった方が、腹直筋全体の収縮感が断然に強かった。逆手で行うと上腕二頭筋の関与が強まると言われるが、このシーンでは腰を突き出して胸をバーにつけるように動作を行っているため広背筋をワークアウトでしていることには変わりがない。つまり、突如現れたB・アフレックの腹直筋に俺がオスとして圧倒されたことは、順手を逆手にすることによって意図的に計算されていたということになる。

その後に何度も見たが、まさに教科書通りのチンニングだった。一気に引き上げ、じわじわ降ろすことで、筋繊維に相互に摩擦を起こさせている。男の筋破壊、もっと言えば自己を破壊して新しくなろうとする様が描かれている。

日常で、尊厳を喪う機会だけが増えていき、尊厳を回復するチャンスは二度と現れないように感じてしまう時がある。そんなとき俺はダグを微かに、いや強烈に意識して天井を睨みつけながら「リバースチンニング」をする。生まれ育ったところから訣別するために、必死に覚悟を塗り重ねていたダグの心情を想像しながら限界まで自分を引き上げる。

男の尊厳を取り戻すためのワークアウトメニューを載せておく。いずれも限界レップで設定してある。出来なくなってもすぐに諦めないことだ。男のワークアウトにはそいつの生き様が滲み出る。自分には、自分に対してだけは、決して嘘を付かないことだ。俺にそのことを約束してくれ。

<男の尊厳を取り戻すためのチンニングのワークアウト>

①ワイドグリップチンニング(順手)…限界レップ

②クローズドグリップチンニング(順手)…限界レップ

③ワイドグリップチンニング(逆手)…限界レップ

④①〜③のいずれかでジャンプして引き上げた状態から降ろすネガティブ動作…10回

P.S.インターバルは1分以内だ。